なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

使えるかも


北条の山の中

img335-s.jpg
Ricohflex dia (Riken Ricoh 80mm/F3.5)

なんとも妙な写真になりました。私には、夜の月明かりの下で撮ったようにもみえるのですが、いかがでしょう。

実はこれ、絞りすぎの失敗写真です。激しくケラれているので、バレバレでしたね(笑)。

このカメラは、絞りが 16 までなのですが、そこを越えても絞りが動きます。この日は、日差しが強く、調整範囲を超えてしまったので、試しに絞ってみた、というわけで。 結果、見事に失敗でした(笑)。

後で知ったのですが、絞りのストッパーがない構造は、古カメラにはよくあることらしいです。で、端いっぱいまで動かすと、絞り羽根がバラバラになることもあるのだとか。

知らないって、こわいですね(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2008/09/25(木) 19:04:03|
  2. ことば日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

お題は?

わら葺きの集落(どこだったっけ?)

img445-s.jpg
Ricohflex dia (Riken Ricoh 80mm/F3.5)

主題は、ネコ!

(このあと、すぐ逃げたけど...)

  1. 2008/05/14(水) 02:04:37|
  2. ことば日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

青は、進め

十日町の橋の近くの交差点

img196-s.jpg
ansco memoⅡ(memar 25mm/F2.8)

メインは、あくまで信号機です。

  1. 2008/03/24(月) 20:00:55|
  2. ことば日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ムック」とは、これいかに?

先日の記事(?)に「ムック本」ということばをつかってしまったのだが、実はよく知らないことばであった。私の中では、大きさが A4 くらいのノウハウ本、というつもりだったのだが、よくよく考えると、全く知らないことに気付いた。

これではいけない!、ってんで、今日パソコンで検索してみた。

私の使ってるブラウザには、辞書が引けるバーがついている。これが、何かと便利である。昔のように、辞書を引く必要はない。ちょいちょいと文字を入れれば、あっというまに意味がでてくる。金もかからないし。

キーボードを叩くようになって、漢字を書く能力は、いうまでもなく激落ちだが、反面、調査関係は、ほんとに楽になった。英語の発音なんかも、辞書がしてくれるし、生の英語なんか、ふれ放題である(でもそうなると、ぜんぜん勉強しないんだなー、これが...)。

さて「ムック」なることばなのだが、どこで覚えたのか、自分でも記憶にない。たぶん新聞の雑誌広告欄か何かだとおもう。

私にとっての「ムック」といえば、何といっても「ひらけ!ポンキッキ」の「ガチャピン & ムック」である。もじゃもじゃ・ぼさぼさ・まっ赤っか(爆)。

話戻って、調べた結果、「ムック」とは、"magazine"+"book" の造語とのこと。「雑誌と書籍の中間的性格をもった本.雑誌形態の単行本・書籍」(以上引用)だそうだ。なるほど、さすれば、私の印象は、当たらずも遠からじ、だったみたい。

それよりも、驚いたのは「ブッカジン」[bookazine<book+magazine]、やら、「マガブック」 [magabook<magazine+book]という、類語があったことである! みなさん、こんなの聞いたことあります??(私が知らないだけなのか...)。

今日も、ひとつ、賢くなりました。お勉強は、楽しいです!

PICT0441_r-s.jpg


写真は、全然関係ないけど「釣りをするひと」。
  1. 2005/03/04(金) 03:05:22|
  2. ことば日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。