なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カメラ用語の旅

昨日は、web でカメラ撮影についての HP を巡り歩いて、お勉強した。以前、C700UZ を買ったときも、すこしだけかじってみたのだが、撮る方がおもしろいので、知識の方は挫折していたのである。

いろいろ見てみたが、前に調べたときよりも、ページが増えていた。片っ端から読んでいったが、なかなか時間がかかる。3つほど読破したところで、寄り合いの時間が来て、おしまいにした。

昨日は、春祭りの打ち合わせの寄り合いがあった。私らは「後厄」なので、本来は、お客さん扱いなのだが、本厄の人数が2人しかいないので(私らは 10 人以上いる)、ゆっくりもしていられないようである。

話は戻って、きのう読んでみて思ったのは、以前ちんぷんかんぷんで、さっぱりわからなかったことが、実感を伴って読むことができた、ということである。曲がりなりにも、Z で1年弱撮ってきて、D'z Club などの書き込みも、解らないながらも用語等は記憶に残っていたので「なるほど、あれが、このことか!」と腑に落ちることが多かった。「門前の小僧、習わぬ経を読む」といったところか?(←ちょっと違うような...)

「被写界深度」「~ミリ」など、いままでおぼろげながらしか理解してなかったことも、だいぶ具体的に頭に描けるようになった。「広角」はなぜ「広角」と呼ばれるのか、なども、字のイメージでしか捉えてなかったのだが、ようやくはっきりした(とはいえ、字のイメージ通りだったのだが...(爆))。

これからは、参考書などにあるサンプル写真の意味を、より具体的に実感するために、同じように撮ってみる予定。

PICT0310_filtered_r-s.jpg


写真は、はからずも「広角」でとった北越です。妙な感じに撮れたので、なんでかなー、と思っていました。A1 のレンズの筒の根本に書いてある数字の意味も、ようやくわかってきました。こういうふうに書いてあると、わかりやすくて、いいですね。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/28(月) 15:48:16|
  2. カメラ日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。