なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グレーカードを使ってみる

今日は、先日とりよせた雑誌の付録のグレーカードを使ってみた。

ほんとは、グレーカードそのものを買おうと思っていたのだが、いろいろ調べているうちに「フォトテクニック」の 11/12 月号の記事が「グレーカード使いこなしテクニック」で、その付録に、買おうと思っていた「銀一」のグレーカードの小さいやつがついてくることを知ったのである。これなら記事も読めて一石二鳥だわい、ということになり、買ってみた。

記事には、花の前にグレーカードを置いて撮っているのと、モデルさんにグレーカードを持たせて撮っているのとあったが、鉄道ではどちらも無理であるからして(笑)、カスタムホワイトバランスの設定で使う「白く写したいもの」の代わりに、グレーカードを置いて記憶させてみた。白くなくていいのだろうか?とは思ったが、だめなら裏の白い方を使えばいいや、と思い、とりあえずやってみた(ある HP に載っていたのだが、機種が違うので、この設定のことなのかどうかが、よくわからなかったので)。

やり方もよくわからないので、ただレンズの前にカードを差し出して、ボタンを押してみたら、マニュアルどおりシャッターが切れたので、○ボタンで記憶した。

さて、これで準備 OK。早速、撮り比べてみた。上が AWB、下が グレーカードでマニュアル設定したものである。

まず、雑誌の表紙。

PICT0938-s.jpg


PICT0937-s.jpg


次に、部屋のカーテン。

PICT0942-s.jpg


PICT0941-s.jpg


最後は、先日も使ったホワイトボード。

PICT0943-s.jpg


PICT0945-s.jpg


こうしてみると、緑かぶりがはっきりわかる。グレーカードでマニュアル設定した方の色が正しいのかどうかは、はなはだ疑問ではあるが(笑)、少なくとも緑かぶりはしていないようだ。

ホワイトボードは、どっちも白くないなあ、と思い、実物をよく見たら、あまり白くはなかった(笑)。光量の具合で暗く写っているのだと思われる。

なんだか、とんでもない見当違いをしているような気もしますが(笑)、また調べてみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/18(金) 23:38:57|
  2. カメラ日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。