なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蛍光灯用・プリセットホワイトバランスのいろいろ

夜になって、冷え込んできた。明日はまた、雪が降るらしい。

今日は、蛍光灯用のプリセットホワイトバランスを試してみた。A1 は、各プリセット WB を、ダイヤルで微調整できる機能がある。その中でも、蛍光灯用のは、その蛍光灯の種類に合わせて、7段階にも設定できる。今日はこれを試してみた。

まずは、AWB の写真から。

PICT1180-s.jpg

やはり、すこし緑かぶりか。

つぎは、おなじみグレーカードによる カスタムWB。

PICT1179-s.jpg

まあまあかな。

さてここからが、本題。+側になるほど、色温度が上がり、-側になるほど、色温度が下がる。まず、(冷)白色蛍光灯(0)。

PICT1181-s.jpg

おお、これはいいかも。グレーカードと甲乙つけがたい。

次は、昼白色蛍光灯(+1)。

PICT1182-s.jpg


昼白色蛍光灯・三波長(+2)。

PICT1183-s.jpg


昼光色蛍光灯・三波長(+3)。

PICT1184-s.jpg


昼光色蛍光灯(+4)。

PICT1185-s.jpg

だんだん色温度が上がり、赤くなっている。次は、-側。

温白色蛍光灯・三波長(-1)。

PICT1186-s.jpg


蛍光灯・三波長電球色(-2)。

PICT1187-s.jpg

こちらは、相当に青くなっている。

ほんとは、それぞれの種類の蛍光灯のもとで実験すればいいのだろうが、うちにはそんなにたくさん無いので(笑)、電球色(らしき)蛍光灯のもとで、蛍光灯・三波長電球色(-2)で撮ってみた。

PICT1188-s.jpg

おお、これはなかなかいい線いっているような。白色蛍光灯の下では、あれだけ青かったのに、普通に近くなっている。

それにしても、なぜこんなにも蛍光灯にチカラを入れているのか、A1...(笑)。ほかのカメラも、こんなものなのでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/03/29(火) 23:06:34|
  2. カメラ日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。