なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ISO って、なに?

今日は、ISO 感度について、試してみた。ネットで検索してみたら、いろいろでてきたが、時間がないので後で読むことにして(笑)、簡単にいうと、この数値が上がると高感度になり、シャッター速度が稼げるので、暗いところの撮影に有利になるが、反面ノイズが多くなる、ということらしい。

A1 は、ISO 100, 200, 400, 800 に設定できる。いままでは、オートでしか使ったことがなかった。取説によるとオートでは、100 または 200 になるとのこと。さすれば、私は、400 と 800 を使ったことがないらしい。噂では、400 以上はノイズまみれで使い物にならないらしいが、どれほどなのか試してみることにする。

で、早速撮ってみた。光源は電球型の蛍光灯。真っ暗な部屋でひとつだけなので、だいぶ暗い。手ぶれ補正使用。本来なら三脚を使うべきなのだろうが、めんどうなので手持ちで。

こんな感じに撮れた。

PICT1267-s.jpg


ほんとは、感度別に並べるために、すべての写真を用意してあったのだが、この大きさに縮小すると全然違いがわからないので(笑)、パスして、一部を切り出したもので比較する。以下は、縮小なしの原寸大。

ISO 100, 露出時間 1/3 秒。

PICT1267_c.jpg

手ぶれ補正のお陰で、まずまず写っている(かな?)

ISO 200, 露出時間 1/6 秒。

PICT1268_c.jpg

多少ノイズがあるが、これくらいなら問題ない。


ISO 400, 露出時間 1/13 秒。

PICT1269_c.jpg

なるほど、この辺りからノイズがでてきているが、思ったほどではない。


ISO 800, 露出時間 1/25 秒。

PICT1270_c.jpg

さすがに ノイズだらけ、である。このままだと、使うのは難しいか。

そこで、ISO 800 の写真を、Neat Image 処理してみた。A1 用プロファイルを使用。

PICT1270_filtered_c.jpg


おお、やはり Neat Image は使える! これだけ見てると、ISO 100 のとそんなに大差ないような気が。100 と 200 の中間くらいといったところか。

実際やってみて、やはり ISO 400 以上はそのままだと厳しいかな、という感じでしたが、Neat Image を併用すれば、けっこういけそうな気がします。少なくとも、SS が足りずにぶれるよりは、ずっとマシかと。これからは、暗い中で列車を撮るときなど、積極的に使っていこうと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/05(火) 15:58:36|
  2. カメラ日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。