なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「鬼太郎」を、連れてくる

先日、上越のジョーシンに出かけてきた。模型店(模型売り場)に入り込むのは、たぶん、中学生以来である。昔は、プラモデルが好きで、よく作っていた。中学の頃は、ラジオの深夜放送なんかを聴きながら(やっぱり、「オールナイトニッポン」ですかねぇ(笑))、徹夜して作ったものだった。

夜食に、カップヌードルの「カレー」やら、キツネ「どん兵衛」やらを食べたりして、楽しく過ごしたものである。お湯は、電気ポットで、自分の部屋で湧かすのが、決まりだった。いまから思えば、ちょっとしたアウトドア気分だったのかもしれない(笑)。食後は、にがいコーヒーなんか飲んだりして...(懐)。

いやいや、そんなのは、どうでもいいのである(笑)。ジョーシンには、いろいろ、鉄道模型が売っていた。ただ、値引率とポイントが、今のところはネットの方がいいので、とりあえず、何が売っているのかを確認した。いままで実物(写真でも)を見たことのないものをいろいろ見ることができて、それなりに有意義であった。とりあえず、追加の線路や、架線柱なんかを買って帰ろうかな、と思っていたとき、ふと、処分品の「かご」が目に入った。賞味期限切れの(笑)鉄道ビデオやら、得体の知れない半端なパーツやらに混じって、こんなものが、売られていた。


PICT4502-s.jpg

なんと、前から欲しかった「鬼太郎列車」ではないか!


PICT4503-s.jpg

パッケージの外から見ると、こんな感じ。間違いなく、「鬼太郎」である。うーん、こりゃ、いいっ!!


PICT4504-s.jpg

メーカーは、「PLATZ」。どこかで聞いたような気はするが、定かではない。しかし、この「水木プロ・目玉おやじマーク」が、なんとも、泣かせるではないか。水戸黄門の「印籠」にも等しい輝きを放っている・・・。

しかし、よ~く見ると、なんか、変 !?

続く

【“「鬼太郎」を、連れてくる”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2005/06/29(水) 02:58:57|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。