なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅刻の果てに

先日の日曜日、ジョイフルトレイン「ゆとり」が来るというので、出かけてきた。時間に余裕があったので、いつもの鯨波ではなく、上越のほうまで行くことにした。途中で駅に停車するので、うまくいけば3枚は撮れそうだった。ただ、雨降りだったので、駅撮りになるが。

時間に余裕を持って出かけたはずだったのだが、途中で工事の通行止めにあったり、道に迷ったり(笑)してるうちに、だんだん時間がやばくなってきた。おまけに、ことごとく信号にひっかかってしまい、結局、遅刻してしまった。ただ、次の駅でしばらく停車なので、スーパーで食料などを買い、昼餉にすることにした。

パンを買ったのだが、どれにするか迷ってしまい、時間を食ってしまった。で、車に戻り、DJ 誌を確認してみると、思っていたより停車時間が短く、もうすぐ出てしまうことが分かった。急いで、今来た道を引き返し始めたが、またまた信号の嵐で、なかなか進まない。当初は「かすがやま駅」で、待ちかまえる予定だったのだが、間に合わないので、その先の「直江津駅」での2分ほどの停車時間をあてにして、またその先の「くろい」駅を目指すことにした。

ところが、もうどうにも間に合わなくなり、とりあえず線路に向かって走ることにした。なんとか踏切にたどり着き、そこで車を降りて撮るつもりだったのだが、遮断機が下りてしまった。もうこうなったら、車中から撮るべ、と思い、A1 は、グレーカードの設定をする時間がないので、Z2 を取り出し、「ゆとり」の通過を待った。

お、来た来た!、と思ったが、何かヘンだ。いつもの EF64 の青い車体ではない。茶色である。こ、これはひょっとして、先日模型にもなった EF64 37 ではないのか?と思いながら、シャッターを切った!

...のだが、ファインダーには、無情にも「電池がありません」の文字が・・・。なんと、電池切れだったのである。置きピンするまでは、確かに電池はもっていたのに、なんたることであろうか。

で、茶色(ぶどう色2号)の車体を呆然と見送ったのであった...。

帰宅後、ネットの投稿サイトで確かめると、やはり牽引していたのは EF64 37 であった。こんなことなら、いつものとこで撮っておけばよかった。しかし、まさか、37号機がくるとは夢にも思わなかったので、取り損ねたことは、確かにショックではあったが、反面、うれしさも。まだ、明日の戻りがあるのだ。

次の日。いつもの鯨波に出かけると、すでに情報が出回ったらしく、平日昼にもかかわらず、鉄撮りが集まっていた(20人ほど)。雨の予報にもかかわらず、空も晴れている。このところいつも、編成の長さを読み違えて、尻切れ寸前が続いているので、慎重に準備して、待つこと約 20 分、おお、来た来た!

...え、うそ、なんか、機関車の色、青いぞ...。これはいつもの EF 64 ではないかーー、とガックリする。機関車、昨日と変わっちゃったのかな?

で、トンネルから出てくると...。

【“遅刻の果てに”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2005/10/04(火) 14:49:34|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。