なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

光陰矢のごとし

みなさん、おひさしぶりです。ちょうど1年ぶりになりました(笑)。体調不良は相変わらずなのですが、だいぶ慣れてきた、ということで。

1年で、いろいろありましたが、この半年ほど はまってしまったものが「古カメラ」の収集でございます。オークションのスリルとも相まって、思わぬ散財となってしまいました。

しかし、現像代をケチっているので、思ったほど撮っていません。前から薄々気付いてはいたのですが、どうやら私は「写真」よりも「写真機」が好きなようです。古いのなら、構造上 バラしても楽しめそうですし。

というわけで、本日は、恥ずかしながら「増殖」してしまった「ふるカメラ」のご紹介。これを機に、作例なんかを付けて、一個ずつ紹介記事を書いていけば、試し撮りのきっかけにもなるかなー、なんて...(実は、フィルム入れたこと無いもののほうが多かったりします(苦笑))。

さて、ことの始まりは、うちのじいさんが、資源ゴミから1個のカメラを拾ってきたことに始まります。Yashica エレクトロ 35CC というものなのですが、これがなまじ写ってしまいまして、ヤシカのカメラを、ちょっと集めてみようかな、なんて思い、ヤフーオークションに参加してしまったのがウンの尽き。あれよあれよ、と増殖してしまいました。値段もけっこうお手頃だし...(鉄道模型に比べれば、お買い得感があります(爆))。

35cc

これが、ゴミカメラ1号、Yashica Electro 35 CC です。ブラックボディが渋いでしょ(クリックで拡大できます)。

つづく

【“光陰矢のごとし”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2006/10/04(水) 11:23:35|
  2. カメラ日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。