なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

くびき駅にいく (3)

さて、連休も最後の日、5月5日。今日は朝から薄曇りである。残念ながら、青空は期待できそうにないが、日光には苦労せずに済みそうだ。今日は「ふるさと雷鳥」も来るので、いろいろ考えたのだが、近くの柿崎駅に停車するので、例によって、入ってくるところと出ていくところを撮影する予定。ただし、停車時間は3分間なので、さて、どうなるか。

朝がいつもより早起きだったので、余裕だったのが災いし、結局昨日より遅く到着してしまった(笑)。到着するなり、試し撮りするはずの 681系がやってきて、走り去ってしまった。おまけに、予想より日差しが強い。防護柵はいやなので、場所はやはり昨日失敗してしまった盛り土の登りの場所になるか。でも実は、あそこは、おとといも681系で、鼻切れになっているので、「2度あることは...」になる予感が。

あともう一つは、せっかく「川」があるので、これを入れた写真を撮りたいと思っていたのである。試し撮りが出来ないのは痛いが、そうなると何故かやってみたくなるのが不思議である。基本的に、「用意周到」より「一か八か」が好きなのか...(爆)。

ということで、川方面に向かって車を走らせた。盛り土とは全く反対方向なので、もう後戻りは出来ない。時間がないのである。

PICT3462_d1-s.jpg

これが、撮影場所の「川」と「橋」である。やはり、光りの具合がきつそうだ。真逆ではないが、半逆光ってところか。それに列車は、ここからでは、ほぼ真横になってしまう。やっぱりヘッドマークが欲しいところだ。

続く。


そこで、その2点をいっきに解消すべく、もう少し近くに寄ってみた。

PICT3463_d1-s.jpg

うーん、これでは、ほぼ真下である。こんなとこから写したことはない。最悪、車輪だけ写って終わり、ってことも...(泣)。少なくとも、顔は写らないだろうな、などと、いろいろ考えたが、ここから後ろに下がると、自分の車が入ってしまう。歩く時間を節約するために、車を近くに持ってきてしまっていたのだ。そばには農道もあるのだが、駐車してしまうと道をふさぐので、ほかの車は通れない。田植えのひとがいつ来るかわからないので、それは出来なかった。車を再び移動するにも、もう時間がない。けっきょく、このアングルからしか撮れないところに追いつめられてしまった(というか、自分で首を絞めたのだが(爆))。

A1 の FFP(どこでもフォーカスポイント)の場所を設定してみたが、画面の左上の端がギリギリである。こんなとこで果たして止められるのか。昨日も失敗したばかりなのに。などと、不吉なことを考えている間に、列車は来てしまった。線路のほぼ真下なので、いつにもまして、大きな轟音が響き渡った!

おおっと、忘れちゃいけない、シャッターは、早めに(笑)。

PICT3464_d2_filtered-s.jpg

自信は全くなかったが、モニターでチェックしたら、なんとギリギリ捉えていた!心配していた列車の顔も写っている。ヘッドマークもバッチリである。

半逆光なので暗めなのは仕方ないであろう。あとで修正すればよい(この写真はすでに修正済み)。それにしても、ボンネットはどこから撮っても絵になるなー、と再認識した。681系だったら、たぶん顔は写らなかったであろう。さすれば、もし試し撮りをしていたら、その時点でこのアングルは諦めていたはずである。この位置で止められたシャッターのタイミングといい、私のウデからすれば、まったく奇跡といっても過言ではない!

このとき、私はまさに、有頂天であった。昨日の失敗も、完全に取り戻した、と思った。「苦あれば楽あり」の格言を身に浸みて実感していた...。

この時点では、悲劇の予感など、まったくなかったのである。だが、この格言には続きがあるのだ、「楽あれば、苦あり」と...(爆)。

さて、次に681系を一本撮って、あとは柿崎駅に向かう。次のボンネットをどこで撮るか、試し撮りをした。できれば昨日の「水鏡」のリベンジをしたいところだが、空はいまいちすっきり晴れてないし、風もだいぶある。とりあえず1日目に撮ったところの水田に水が張られていたので、そこで試してみることにした。ところが、なかなか来ない。歩いて反対側にでて、待っていたら、やってきた。

PICT3475_d1-s.jpg

鉄撮りさんが、見えますかね?

そこからまた歩いて戻っても十分間に合う。やはり、長い。

PICT3476_d1-s.jpg

予想はしていたが、今日は「水鏡」は、無理みたいである。

今日は時間に余裕があったので、ここでコンビニにでも寄り、昼飯にする。昨日は、結局めしを食うひまがなかったので、最後はふらふらだった。結局9時間くらい、何も食べなかった。「ふるさと雷鳥」が柿崎駅に来るのは、15:53 ~ 15:56 であるから、まだたっぷり時間はある、ということで、コンビニに行ったのだが、そこには吉川町の「道の駅」が併設されていて、そっちも見物した。なんだかんだで、30 分ほど費やし、サンドイッチとお茶を買って、とりあえず柿崎駅に向かった。

ちょっと道に迷ってしまい、時間をロスしたので、着いた時点ですでに 15:20 であった。急いで食べて、撮影場所を物色した。駅の両側を見る予定だったのだが、時間がなくなってきたので、とりあえず入ってくる側だけ、決めた。どのみち、3分しかないので、遠くには行けない。

待っていると、「ふるさと雷鳥」がやってきた。この連休は、遠くから引いてしか撮れなかったので、ひとつアップで撮ってやろう、と。やっぱり、雷鳥の魅力は、なんといってもヘッドマークであるから。

PICT3488_d2-s.jpg

ちょっと、でかすぎた...(爆)。

急いで車に乗り、駅前まで戻って、駅の端まで歩いたら、もう発車してしまった。なんとも中途半端な写真になった。まあ、予測はしていたのだが。

PICT3495_d1-s.jpg

顔に線もかかっちゃった(泣)。

気を取り直して、ふたたび「くびき駅」に戻った。1時間あいだがあるので、余裕である。昨日は、「水鏡」に集中するため、また、場所取りの意味もあって、駅の「前後撮り」はしなかったが、今日は1日目と同様、入ってくるのと出ていくのを撮ることにした。場所さえきちんと決めておけば、移動はもう慣れたものである。慣れない、ぶっつけ本番だった1日目も、けっこう(体感的には2分くらい)余裕があったし、余計なことさえ考えなければうまくいくはずだ。

入ってくる方は、1日目と同じく、田んぼのあぜ道の上から。こないだは、1枚目が失敗したので、今回はそこに集中することにした。構図にすこし迷ったが、こないだ一度経験済みなので、無理はしないことにする。で、待った。

ここは、駅に近いので、ホームのアナウンスがよく聞こえる。トンネルから出てくるのだが、あらかじめ分かるので、便利である。アナウンスのあと、ほぼ定刻に、トンネル内から轟音がした。出てくるぞ!

PICT3511_d1-s.jpg


あれ??、出ては来たが、普通列車である。おかしいなー。そういえば、時計は進めてあったっけ?そういえば、こないだも、普通列車が駅に停車していて、そこに「はくたか」が来たんだったか?そうだそうだ、じゃ、もうすぐ来るだろう、と緊張を切らさないように待ってると程なく、ふたたびアナウンスがあった。

そして、轟音。来た、来た!

PICT3516_d2-s.jpg


前回、架線柱が顔にかかってしまったところは、何とかクリアした。しかし、妙に、架線柱が目立つ。あとで、前回のとくらべたら、今回は日差しが強かったので、架線柱に光りが反射して、目立ってしまったのだった。結果、あまりいい写真にはならなかった。

ほかに、3枚ほど撮り、早速つぎの撮影ポイントに移動である。時刻は、もう手元の時計で 17:00 を回っている。「あら、5分遅れかい、おいおいのんきだな~」、などと思いつつ、運転席に座り、エンジンをかけた。まだ到着して1分ってところ。停車時間は7分間。移動時間を引いても、少なくとも3分は、カメラの設定に使えるはずだ。余裕である。さて、出発!

「あれ、俺まだ、クラッチ離してないよな。なんで、列車、動いてるんだ...? それも、前に?? あらら、おいおい、もう発車してるぞ~~!!」

そうなのである。5分以上遅れて駅に着いたボンネット「はくたか」は、7分間停車の予定を大幅に短縮し、わずか1分の停車で、発車してしまったのである(泣)。果たして、こんなことがあっていいのか?

車の中、視界の中で、どんどん小さくなっていく「はくたか」を、何も出来ずに、呆然と見送ったあと、私はガックリと、つぶやいた、「そりゃあないぜ、JR さんよ...」。

ちなみに、ほくほく線は、JR ではない。とんだ濡れ衣である...(爆)。

ふと、田んぼに目をやると、風はなく、水面は鏡のようにきれいだった。もし予定どおりいっていたら、きれいな「水鏡」が撮れていたかもしれない。無念倍増...(爆)。

傷心のまま、最後に、スノーラビットを1本撮って、今回のここでの撮影はおしまい。すこし小高いところで撮ったので、ずっと悩まされていた「顔」が、今までよりも多く写った(気がする)。次のボンネットの撮影(夏休みくらいになるかな?)は、ここで撮ってみたい。

PICT3524_d1_filtered-s.jpg


まったく、鉄撮りというのは、何が起こるか分からないものである。だから、楽しいんだ、きっと(笑)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それでは皆さま、おあとがよろしいようで...。
  1. 2005/05/09(月) 03:04:17|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

コメント

旦那、お疲れ様でした。

自分的には一枚目の構図で、画面中央の架線柱より右側をズーム狙い。そんな感じがよかったかな?って思いました。
それと、前回の4枚目。気に入ってまふ。

>>自信は全くなかったが、モニターでチェック~~
 ~~私は、まさに有頂天であった。
なんだかすっごく想像できます。旦那の1人でニヤ(・∀・)ニヤとした顔が(笑)

そこで、D'zにハリコした自分の逆さ「富士、はやぶさ」ですが、
水が少なく草が目立ったり、風で波が表れたり、ダイヤに遅れて他車に気を取られたり(笑)、etc...。
そんな事で結局、延べ5日ほど早朝6時通過のため、5時起きで通いました。

次のボンネット(夏)撮影時は、この場所もまた違う表情を見せているでしょうね!


  1. 2005/05/09(月) 19:01:38 |
  2. URL |
  3. teddy bear #PR6.u/TU
  4. [ 編集]

すごい・・・お疲れ様でした。。

いやー、連日の鉄撮り、お疲れ様でした~(^^)。

水鏡、残念でしたね~。でも、今週末まで天気持ちそうなんで、田植えが始まらなければまだチャンスあるかも(^^)・・・

しっかし、熊の旦那の5日連続早朝5時起き、恐れ入りやの鬼子母神でございますです。。私なら、とても持ちません(^^;)。。。
  1. 2005/05/09(月) 20:55:53 |
  2. URL |
  3. ゆきぱぱ #ieoFiEcc
  4. [ 編集]

大ボリュームで・・

まさにGW満喫って感じですね。
今回の中では最後の写真が非常にいいっす。
でも、このボンネットっていいですね。私にとっての国鉄特急のイメージはこいつなんで次回作も楽しみにお待ちしておりまするよ。
  1. 2005/05/09(月) 22:10:58 |
  2. URL |
  3. shinashina #mQop/nM.
  4. [ 編集]

楽しんでますね

連日の出動、お疲れ様です。
3枚目の写、凄いですね~。早めのシャッターの感覚もこれでバッチリものにされたようですね。それに、ichi さんの語りに引き込まれ、最後まで楽しく拝見させて頂きました。
最後の写もカッコイイです!

ミッション車にお乗りなんですね。私は最初の車が唯一のミッションでした。今では楽チンオートマ。あぁ~若き日のあの頃にはもう戻れないんだろうなー。(笑)
  1. 2005/05/10(火) 00:31:23 |
  2. URL |
  3. tada #IFdljVkg
  4. [ 編集]

大作

いやー、写真もすばらしいですが、文章の方もいいですね。
長文は苦手なんですが、すんなり読めちゃいました。
私なんかこんなにギリギリの構図はとても狙えません。気が短いのと、めんどくさがり屋なんで。
鉄撮りにトリミングは邪道なんですかね~。
Z1の300万画素から800万画素になったんで、ついトリミングに頼っちゃいます。
  1. 2005/05/10(火) 01:18:31 |
  2. URL |
  3. Toshi #POLd2uQw
  4. [ 編集]

素晴らしい!

1枚目のボンネット、見事に収まってますね、お見事でした。
個人的には、最後の写真が好きです。今度は、ボンネットで頼みますね!
  1. 2005/05/10(火) 10:27:53 |
  2. URL |
  3. Qチャン #9xsPF1TE
  4. [ 編集]

長文お読み下さり、ありがとうございました

みなさん、いらっしゃいー。今回は3日間に渡り、長々と書いてしまいましたが、お読みいただいてありがとうございました。最後のオチにいくまで、ずいぶん遠回りではございましたが(笑)。

>teddy bear さん、

なるほど、ズーム狙いで、ですね。今回は本来、川を入れようというのが目的だったのですが、なぜか入れられないところに追い込められてしまいました(笑)。車を止めた位置が失敗だったのですが、もう写ってただけで、ありがたや、という感じで(笑)。

あの4枚目、気に入っていただいてありがとうございます。本編を犠牲にしてまで撮った甲斐がありました(←ただの失敗だろっ!)

うーん、5時起きで、5日間ですか...(すご)。熊の旦那の技術を持ってしても、水鏡は、やはり難しいのですね。私のこないだのも、肝腎なところで風が来て、不運だと思ってたのですが、あの状況になった自体が幸運だったのだ、と思い直しました。また来年、やってみますです。

>ゆきぱぱさん、

去年の夏休み、年末年始、今回のGW と、連休は鉄撮りに出ることが続いています。早く飽きないかなー、と待っておるのですが、毎回、あと一歩で!、ということが続くので、また出かけてしまいますね。正直、人生無駄にしていると思います(爆)。鉄撮りは、ほとんど待ち時間ですしね。でもそれだけに、あの列車が迫ってくる瞬間が、何にも代え難く、ドキドキいたします。やっぱり、釣りに似ているような気がします。

ボンネット「水鏡」は、また来年ですが、他のでしばらく狙えそうですので、やってみたいです。

>shinashina さん、

最後のはほんの少し小高いところで撮ったので、いい角度で撮れたような気がします。ただ、その近くにある建物は、肥料の保存用のようでして、辺り一帯、牛糞のにおいがしておりました。そう、この写真は、牛糞臭の中、列車を待って撮った苦労の作なのでありました(爆)。

ボンネットは、撮る角度によって、いろいろな表情を見せてくれる、面白い被写体です。東京でも、上野―金沢 間を結んで走る夜行急行「能登」が見られますので、shinashina さんも、おひとついかがですか?ただ、上野発が 23:33、上野着が 6:05 なので、夜景ついで写すには、ちと厳しいかもしれませんが。

>tada さん、

長文読んでいただき、申し訳ありません。ボンネットを下から見た(撮った)のは初めてだったので、収まっただけで満足でした。シャッターのタイミングは、いまだモノにしてはいませんです。本当に早めがいいのかどうかも定かではないのですが、Z と比べた場合、A1 のほうがやはり少し遅い気がします。でも、真相は、私自体がトロい、ということなのだと思います(爆)。

マニュアル車は、私の場合、これでないと危ないから、というのが理由です。運転を間違えると、止まってくれますので。もうだいぶ昔の話になりますが、会社のオートマ車(新車)で、側面をガリガリやってしまい、始末書書かされた、という苦い思い出があり、それ以来マニュアル一筋です(笑)。オートマは、私にとっては運転が難しいです。あとは、バイクが好きだったので、ギアチェンジがないと寂しいというか、そんな感じです。

>Toshi さん、

長文読んでくださり、感謝です!文を書くのは苦手なんですが、書き始めると長くなってしまいます。ギリギリの構図は、狙ったのではなく、なぜか、そういう羽目になってしまったのですねー。時間がなくなって、別の構図を試せなくなってしまい、一か八かやってみた、というわけで。我ながら、よく写せたものです(写真自体はボロボロでしたが、写っただけでめっけもの、ということで(笑))。

トリミングは、邪道ではないはずですよ。と~くさんも勧めてましたし。私も、傾きの修正はよくやります。ただ、画素数が 500 なので、あまりハデにやると厳しいかもしれませんが。800 だったら、余裕ですよね!実は、A200 のジェット値下がり(A1 並みの)を秘かに期待していたりします(笑)。

>Qチャンさん、

あんな変なとこから撮ったのは初めてだったのですが、そのわりにはうまくいってくれました。私には、ビギナーズラックという強い味方がついているので(爆)。画面に収めただけで、有頂天ですので、かわいいモノでございますよ(自爆)。

ボンネット「はくたか」は、次はお盆休みに出てくると思いますので、また行きたいです。あとは、谷浜というところがいいらしいので、そのあたりも。夜明け時刻が早くなったところで、急行「能登」も狙えるかもしれませんし。いつ廃止(廃車)になってしまうかわからないですので、出来るだけ撮っておきたいですね、機会があったら。
  1. 2005/05/10(火) 16:36:20 |
  2. URL |
  3. ichi #T8CeQ3xc
  4. [ 編集]

私から見てみると、どれも捕らえられていてすごい!のひと言です。
実は私も近くの特急を時間を見計らって撮ってみたのですが、あえなく撃沈でした。
あ、シャッター切るの早すぎた、と思って次撮ろうとするとかなり電車は進んでしまっており、駄目でした。
一瞬を物にしないといけない難しさを感じました。
  1. 2005/05/10(火) 22:23:20 |
  2. URL |
  3. デジカメラ #9K64Lzaw
  4. [ 編集]

写もええけど文はもっとええっす(笑)

雷鳥もどうやら2006年までみたいでっせ~。
ふるさと雷鳥も激写請う!(笑)
  1. 2005/05/11(水) 04:07:49 |
  2. URL |
  3. monk #Zr2/WiYY
  4. [ 編集]

長野色、見たいです

デジカメラさん、いらっしゃいー。えー、「すごい」って程のものではないのですが、A1 の FFP(どこでもフォーカスポイント)は、自在にピントを合わせる場所を決められるので撮りやすくなりました。Z だと、どうしても引っ張られて、構図が崩れやすかったので。あと、置きピンの場所は、いつもレールでしかやらないのですが、今回はレールが見えない状態だったので、いろいろやってみました。使い分けまではいきませんが、また状況によっても、いろいろ試してみたいです。

デジカメラさんも、これに懲りず、ぜひまたお願いしますねー。長野の列車は、こっちでも、いままで2度見ましたが、どちらもうまく撮れませんでしたので、楽しみにしております。色が独特なんですよね。
  1. 2005/05/11(水) 22:32:39 |
  2. URL |
  3. ichi #T8CeQ3xc
  4. [ 編集]

残念ですね...

monk さん、いらっしゃいー。いくら何でも、今回は長文過ぎました(笑)。書いているうちに、どうしても余計なことまで触れてしまうので、なかなかオチに行き着きませんで。おまけに、オチはたいしたことなかったし...(爆)。あとから考えてみれば、遅れたら停車時間を削って調整するのは、当然ですよね。時期も時期だし...。でも、私には青天の霹靂でございました。少なくとも、いつも進めぎみにしてある時計は、今度から、きっちり合わせておきたいです。

雷鳥、いよいよですか...。覚悟はしてましたが、寂しいですね。これは、ずいぶん身勝手な意見と思われると思いますが、せめて季節の節目に運行される「ふるさと雷鳥」だけでも残していただきたいです。って、やっぱり、身勝手ですね(笑)。でも、郷愁を呼ぶんですよね、運転されるのが、連休やら、お盆やら、年末年始ですので。名前も、いいでしょ?(笑)
  1. 2005/05/11(水) 22:45:20 |
  2. URL |
  3. ichi #T8CeQ3xc
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukeichi.blog5.fc2.com/tb.php/37-09dd8471
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。