なんともいえない blog

カメ(ラ)の歩み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅刻の果てに

先日の日曜日、ジョイフルトレイン「ゆとり」が来るというので、出かけてきた。時間に余裕があったので、いつもの鯨波ではなく、上越のほうまで行くことにした。途中で駅に停車するので、うまくいけば3枚は撮れそうだった。ただ、雨降りだったので、駅撮りになるが。

時間に余裕を持って出かけたはずだったのだが、途中で工事の通行止めにあったり、道に迷ったり(笑)してるうちに、だんだん時間がやばくなってきた。おまけに、ことごとく信号にひっかかってしまい、結局、遅刻してしまった。ただ、次の駅でしばらく停車なので、スーパーで食料などを買い、昼餉にすることにした。

パンを買ったのだが、どれにするか迷ってしまい、時間を食ってしまった。で、車に戻り、DJ 誌を確認してみると、思っていたより停車時間が短く、もうすぐ出てしまうことが分かった。急いで、今来た道を引き返し始めたが、またまた信号の嵐で、なかなか進まない。当初は「かすがやま駅」で、待ちかまえる予定だったのだが、間に合わないので、その先の「直江津駅」での2分ほどの停車時間をあてにして、またその先の「くろい」駅を目指すことにした。

ところが、もうどうにも間に合わなくなり、とりあえず線路に向かって走ることにした。なんとか踏切にたどり着き、そこで車を降りて撮るつもりだったのだが、遮断機が下りてしまった。もうこうなったら、車中から撮るべ、と思い、A1 は、グレーカードの設定をする時間がないので、Z2 を取り出し、「ゆとり」の通過を待った。

お、来た来た!、と思ったが、何かヘンだ。いつもの EF64 の青い車体ではない。茶色である。こ、これはひょっとして、先日模型にもなった EF64 37 ではないのか?と思いながら、シャッターを切った!

...のだが、ファインダーには、無情にも「電池がありません」の文字が・・・。なんと、電池切れだったのである。置きピンするまでは、確かに電池はもっていたのに、なんたることであろうか。

で、茶色(ぶどう色2号)の車体を呆然と見送ったのであった...。

帰宅後、ネットの投稿サイトで確かめると、やはり牽引していたのは EF64 37 であった。こんなことなら、いつものとこで撮っておけばよかった。しかし、まさか、37号機がくるとは夢にも思わなかったので、取り損ねたことは、確かにショックではあったが、反面、うれしさも。まだ、明日の戻りがあるのだ。

次の日。いつもの鯨波に出かけると、すでに情報が出回ったらしく、平日昼にもかかわらず、鉄撮りが集まっていた(20人ほど)。雨の予報にもかかわらず、空も晴れている。このところいつも、編成の長さを読み違えて、尻切れ寸前が続いているので、慎重に準備して、待つこと約 20 分、おお、来た来た!

...え、うそ、なんか、機関車の色、青いぞ...。これはいつもの EF 64 ではないかーー、とガックリする。機関車、昨日と変わっちゃったのかな?

で、トンネルから出てくると...。

【“遅刻の果てに”の続きを読む】
  1. 2005/10/04(火) 14:49:34|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19

夢空間?

先日、ジョイフルトレイン「夢空間」が来たので、撮ってきたが、やはり、逆光で失敗気味(しっぽも切れてるし)...。トーンカーブをいじっていたら、こんなのができたので。

悪夢空間


これじゃあ「夢空間」というより、「悪夢空間」ですな...(苦笑)。


  1. 2005/09/10(土) 15:20:13|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

リアルで、のんびり

今日、模型の参考資料を探していたら、こんなページを見つけた。

PICT2089-s.jpg


会津若松駅のライブカメラなのだが、これが、なかなかおもしろい。よくある○○秒おきの静止画とかでなく、完全なリアルタイムの動画で(なかなかきれい)、それよりもなによりもすばらしいのが、音声付き(!)であること。案内のアナウンスはもとより、近くを通る乗客の声、気動車のエンジン音など、相当いい音で聞くことができる。この音だけでも、聞く価値があると思う(ボリュームは大きめに)。

私が見てたときには、黒い影が一瞬、カメラの前を横切ったかと思ったら、続いてカチャカチャという音で、えらいことに。どうやら、鳥がマイクのうえに留まったらしい(笑)。

http://www.ntt-east.co.jp/fukushima/mado/live/index.html

ここから入って、「JR 会津若松駅」をクリックしてください。他の福島の名所も、なかなか面白いようですよ(まだ、全部見てないけど)。
  1. 2005/07/10(日) 19:52:45|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

「鬼太郎」を、連れてくる

先日、上越のジョーシンに出かけてきた。模型店(模型売り場)に入り込むのは、たぶん、中学生以来である。昔は、プラモデルが好きで、よく作っていた。中学の頃は、ラジオの深夜放送なんかを聴きながら(やっぱり、「オールナイトニッポン」ですかねぇ(笑))、徹夜して作ったものだった。

夜食に、カップヌードルの「カレー」やら、キツネ「どん兵衛」やらを食べたりして、楽しく過ごしたものである。お湯は、電気ポットで、自分の部屋で湧かすのが、決まりだった。いまから思えば、ちょっとしたアウトドア気分だったのかもしれない(笑)。食後は、にがいコーヒーなんか飲んだりして...(懐)。

いやいや、そんなのは、どうでもいいのである(笑)。ジョーシンには、いろいろ、鉄道模型が売っていた。ただ、値引率とポイントが、今のところはネットの方がいいので、とりあえず、何が売っているのかを確認した。いままで実物(写真でも)を見たことのないものをいろいろ見ることができて、それなりに有意義であった。とりあえず、追加の線路や、架線柱なんかを買って帰ろうかな、と思っていたとき、ふと、処分品の「かご」が目に入った。賞味期限切れの(笑)鉄道ビデオやら、得体の知れない半端なパーツやらに混じって、こんなものが、売られていた。


PICT4502-s.jpg

なんと、前から欲しかった「鬼太郎列車」ではないか!


PICT4503-s.jpg

パッケージの外から見ると、こんな感じ。間違いなく、「鬼太郎」である。うーん、こりゃ、いいっ!!


PICT4504-s.jpg

メーカーは、「PLATZ」。どこかで聞いたような気はするが、定かではない。しかし、この「水木プロ・目玉おやじマーク」が、なんとも、泣かせるではないか。水戸黄門の「印籠」にも等しい輝きを放っている・・・。

しかし、よ~く見ると、なんか、変 !?

続く

【“「鬼太郎」を、連れてくる”の続きを読む】
  1. 2005/06/29(水) 02:58:57|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19

くびき駅に行く ~おまけ~

おお、ついに火星人の襲来かっ!?

PICT3532_d1-s.jpg


さて、この「謎の物体」の正体は...。

【“くびき駅に行く ~おまけ~ ”の続きを読む】
  1. 2005/05/10(火) 19:48:33|
  2. 鉄道日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。